FC2ブログ

Entries

OL遥花 (黒のタイトミニを着せてみました②)

前回に続き、黒の超ミニタイトスカートを履いた遥花です。

今回も、大人の色気たっぷりの遥花をお届けします。

もともと遥花は太ももがムチムチなのですが、超ミニタイトスカートの組み合わせは破壊力抜群です。

はるか687

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

OL遥花 (黒のタイトミニを着せてみました①)

今回は、黒のタイトスカートを超ミニに穿き替えてみました。

ここまでのミニを履いてる女の人、実際にはそうそう居ないですね。

申し訳ございませんが、今回はちょっと枚数が少な目です。

はるか672

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

OL遥花 (黒のタイトスカートを着せてみました③)

前回に続いて、黒のタイトスカートを遥花に履かせてみました。

今回は、よりOLっぽく足を組むポーズで、よりセクシーなポーズを狙って見ました。

大人な遥花の一面が撮れていればいいです。

はるか643

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

OL遥花 (黒のタイトスカートを着せてみました②)

前回から始まった遥花の新シリーズ、いよいよ今回から本格的に写真をご紹介していきたいと思います。

題して、「OL遥花」。

今回は、定番の黒のタイトスカートを履かせてみました。

ウィッグも茶髪のロングにしてみましたが、このウィッグは大分大人っぽい雰囲気になって良い感じです。

はるか620

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

OL遥花 (黒のタイトスカートを着せてみました①)

今回から、遥花の新シリーズを始めたいと思います。

題して、「OL遥花」です。

今まで、カジュアル服ばかりで、どちらかと言えば、幼い遥花を撮って来ましたが、これからはスーツ姿のちょっと大人の遥花を撮って行きたいと思っています。

今回は、定番の黒のタイトスカートを履かせてみました。

衣装が違うと、それだけで大分違って見えます。

遥花にこんな大人の一面もあったんだなぁ、と惚れ直しました。

はるか618

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

スカートを茶色のプリーツスカートに着替えてみました。 その2

今回は、前回に続きプリーツスカートシリーズの第三弾、茶色のプリーツスカートを遥花に着せてみました。

はるか592

後半は久しぶりに「ベロ出し」遥花を撮って見ました。

以前にもベロ出しは撮りましたが、今回は前回とは違う舌を使っているので、前回とはちょっと雰囲気が違うかも(?)


この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 第五章を見て来ました

IMG_1216.jpg

今日は先日公開されたばかりの「宇宙戦艦ヤマト2202 第五章 煉獄編」を見て来ました。

「賛否両論」と言うより、否定意見ばかりの様ですが、個人的には面白かったですね。
勿論、気になった点が無かった訳では無いですが、全体としては、満足出来ました。
第三章がアレだっただけに、四章、五章とどんどん面白くなってきている感じです。
今回の章は、デスラーの掘り下げと土星会戦の大きく2つしか話しは無いのですが、どちらも面白かったです。

デスラーの掘り下げについては、2199でのデスラーの行動原理も補填されていて、本来なら2199でやるべき事だったと思います。
2199の出渕監督がどう考えていたかは分かりませんが、一応、2199含めてデスラーの行動に理屈付けがされましたね。

土星会戦は、艦隊戦がたっぷり楽しめて良かったです。
「彗星の中心角を収束波動砲で打つ」と言うのは、さらばの通りですが、今回の劇中で山南艦長はどこでそれを知ったのでしょう?
前から言われている事ですが、説明不足な点が多いのが気になりますね。
彗星のガスが取り払われる描写も、CGなのは良いとしても、イマイチ味気ない描写でしたね。
もうちょっと書き方が有ったのでは?と思います。
でも、地球連邦軍が、圧倒的物量でガトランティス軍を壊滅させる展開は、やはりワクワクしますね。
もう、それだけで、細かい問題はどうでも良いと思ってしまいます。

ラストの加藤の下りは、「そう来たか」と言う感じですが、蛇足の様な感じがしないでもありません。
ただ、トランジット波動砲は1回しか使えないとの事なので、ここで使わなかった事も伏線なのでしょうね。
トランジット波動砲をどこで使うのか、今後楽しみな点ですね。

それと、劇場版ブルーレイを買って来たのですが、パッケージに描かれた、ガミラスマーク入りのアンドロメダが気になります。
劇中、時間断層内にまだアンドロメダ級が何隻か有ったのが描かれていましたが、それがガミラスアンドロメダなのでしょうか?

次回、第六章は11月公開との事で、約5ヶ月待たなくてはいけませんが、やはり、CGを中心とした作画に時間が掛かるからでしょうか?
さらばや2に準拠するなら、デスラーとの最後の決戦も恐らく六章で描かれる筈ですし、楽しみですね。

スカートを茶色のプリーツスカートに着替えてみました。

かれんの記事が続いたので、今回は久しぶりに遥花の記事を書きたいと思います。

今回はプリーツスカートシリーズの第三弾、茶のプリーツスカートを遥花に着せてみました。

トップスは前回と同様、グレーのカットソー。

前回の紺のプリーツスカートが、イマイチこのトップスと合わない気がしたので、スカートだけ着替えてみました。

はるか584

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI を見て来ました

3週間遅れですが、この週末に「機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI」を見て来ました。

本当はもっと早く見たかったのですが、先週、先々週と週末はなかなか時間が取れなくて3週刊遅れでの鑑賞になりました。

第5章から半年あまり、いやー、待ち遠しかったです。

IMG_1215_convert_20180520184023.jpg

と言う訳で、個人的な感想を少し。
前回、サブタイトルに「ルウム会戦」と付けておきながら、実際はルウム会戦が始まったところで終了し、不完全燃焼でしたが、今回は冒頭からたっぷりとルウム会戦を見られて大満足。
宇宙での艦隊戦は、見応えたっぷり。
ただ、個人的にドズル艦体がティアンムの前から転進してから、レビルの正面に出てくるまでのプロセスが説明不十分だったかな。
あと、シャアがルウムの宙域に到着するのが随分遅く感じました。
通常の3倍の速度で移動出来るシャアが、それまでどこに居たの?と思ってしまいました。
まあ、とにかく、最初のTVシリーズでは語れなかったルウム会戦を見る事が出来て良かったです。

デギンとレビルの密談、ルウム会戦終戦後の南極会談など、戦闘シーン以外の政治劇も面白かったです。
とにかく、最初のTVシリーズ第一話へと繋がる物語は見事完結しました。
ガンダムは1年戦争ものしか見ないのですが、オリジンの映像化もこれでひと段落した見たいですし、(今のところ、オリジンの円盤は買ってませんが)全6章のコンプリートセットが出たら買ってしまうかも。

第一章から約3年。楽しませて頂きました。

赤茶ブラウスと紫のプリーツスカートのかれん その2

今回は、前回に続き赤茶のストライプ柄ブラウスに紫のプリーツスカートの組み合わせですが、いよいよ今回からお化粧直し後のかれんの写真をお届けします。

具体的にお化粧直ししたのは、以下の箇所。
1.剥げ掛かっていた眉毛のペイントを塗り直し
2.かれんヘッドにもともとチークは塗ってませんでしたが、薄いピンクでチークを塗って見ました
3.睫毛の補修
4.リップの塗装も薄くなっていたので、塗り直しました。(前に一度塗り直したのですが、再度塗り直しました)
  なお、リップは、デフォルトペイントより派手なピンクのリップにしました。

かれん1297

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

Appendix

プロフィール

スー

Author:スー
トイやらドールやら手広くやっています。
トイは、ロボット等メカ系が中心です。
ドールは1/6、1/3、1/1と幅広く手を出していますが、今はもっぱら1/1(等身大)で遊んでいます。
等身大ドールだけを専門に扱う「ラブドールとラブラブする生活」というブログもやっていますので、そちらも併せて宜しくお願いします。(こちらはアダルトカテゴリなってますので、閲覧は注意願います)

最新記事

最新トラックバック

遊びに来て下さった方

今遊びに来ている方

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1247位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1247位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ