「ヴァリアブルアクション Hi-SPEC コスモゼロ」 リポート

コスモフリートシリーズでお馴染みのメガハウスから、「ヴァリアブルアクション Hi-SPEC」シリーズの新商品として、「 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 零式52型空間艦上戦闘機コスモゼロα1」が発売されました。

宇宙戦艦ヤマト2199以降のヤマト関連のトイは艦船中心で、コスモゼロを初めとして航空機が商品化されるのは、これが初めて。

やはり、ヤマトと言えば艦船メインになるのは分かりますが、こうして、コスモゼロを商品化してくれたのは嬉しいです。

と言う訳で、早速コスモゼロを買ってきましたので、簡単ですがレビューしたいと思います。

P1230880.jpg

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。



先ずは上の写真、「ヴァリアブルアクション Hi-SPEC」シリーズの特徴なのか、パッケージがとてもシンプルで恰好良いです。

商品構成。
先ずはコスモゼロ本体とオプションパーツ。
P1230884.jpg

ディスプレイスタンドと、着陸脚関連。
ディスプレイスタンドは、カタパルト型とアーム型の2種類がセットされています。
P1230881.jpg

マーキングシール。
シールには特に貼り付け位置の指定が無いので、自分の好みで自由に貼る事が出来ます。
P1230910.jpg


機体をカタパルト型ディスプレイスタンドにセットしてみました。
独特の機首形状が恰好良いです。
P1230888.jpg
P1230889.jpg
P1230890.jpg
P1230891.jpg


オプションパーツを装備して爆装状態にしてみました。
機体上面のパイロンに増槽を、翼下面のパイロンに対地ミサイルを装備してみました。
P1230893.jpg
P1230897.jpg


ディスプレイスタンドをアーム型に変えてみました。
P1230901.jpg
こちらのスタンドの方が、翼下のミサイルが良く見えます。
P1230900.jpg


パーツ差し替えで、格納状態を再現出来ます。
P1230903.jpg
格納状態では、機首、主翼、そして機体上下の垂直尾翼を折り畳みます。
P1230904.jpg
P1230906.jpg
ちなみに、翼下の装備を対地ミサイルから対空ミサイルと対艦ミサイルに換装してあります。
P1230905.jpg


コックピットには古代進フィギュア(未塗装)を座らせる事が出来ます。
また、タラップには森雪フィギュア(未塗装)を座らせる事が出来ます。
P1230907.jpg


全体として、決して出来は悪くないと思います。
ダイキャストを使用した機体は、重量感もあり、金属の質感も良いです。
細部のディティールも細かく、塗装も綺麗です。
ただ、ランディングギアが差し替えだったり、格納状態にするにも全て差し替えが必要なのが、残念かな。
2万円弱と言う値段を考えると、ランディングギアは収納式にして欲しかったし、主翼と垂直尾翼の折り畳みも、差し替え無しで再現して欲しかったです。

-終わり-
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する