FC2ブログ

Entries

サンダーバード2号をつくろう! その22

ディアゴスティーニから、「週刊 サンダーバード2号&救助メカ」の第40巻と第41巻が届きましたので、簡単ですが、内容をご紹介したいと思います。

P1200658.jpg

第40巻では、伸縮脚を駆動させるクラウンギアの取り付けとトンネル探索車の組み立ての続きを行います。
第41巻では、伸縮脚を駆動させるプロペラシャフトの取り付けとトンネル探索車の組み立ての続きを行います。
トンネル探索車は、今号で完成となります。

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。



第40巻のパーツ。
P1200664.jpg
クラウンギア3個とトンネル探索車のメインボディのパーツとなります。

2号本体へのクラウンギアの取り付け図。
P1200659.jpg

トンネル探索車のメインボディ組み立て図。
P1200660.jpg

第41巻のパーツ。
P1200663.jpg
プロペラシャフト3本とトンネル探索車のボディアクセサリー。

2号本体へのプロペラシャフトの取り付け図。
P1200661.jpg
クラウンギアとプロペラシャフトは1組少ない様に思いますが、これで完成なのか、後でもう1本追加するのか分からないですね。

トンネル探索車の完成図。
P1200665.jpg

マガジンの内容ですが、第40巻は、バージルのキャラクター解説と、18話のエピソードガイド。
第18話と言えば、「秘密作戦命令」の回。
これはサンダーバード全編の中でも、5本の指に入るくらいの傑作回ですね。
私も大好きです。
人気回のダイジェストが見られるだけでも嬉しいのに、とにかく脚本が秀逸。
つい、愛機の活躍を自慢げに話してしまう兄弟の人間味の描写や、予想外のオチなど、本当に素晴らしいです。
それに、この話の個人的な隠れたお気に入りポイントは、全話で唯一1番装備の活躍が見られるところ。
火災現場で消防車の様なメカが活躍しているのを見る事が出来ます。

第41巻は、トンネル探索車のメカニック解説とサンダーバード2号の機体解説。
サンダーバードの救助メカは、その殆どが目的と機能が明確になっていて、それゆえのデザインをされている
物が多いですが、このトンネル探索車はそもそも何に使うかよく分からないメカですよね。
劇中での活躍では、単なる背の低い車としか描写されていないですし。
記事だと、車体中央のアームを伸ばしてモノレールの軌道と接続出来ると書いてありますが、
それって公式設定なんですかね?
そんな凝った機能を設定しておいて、劇中で一切使わないなんて、そんな勿体無い事するかな?
それとも海外で沢山発行されているTBメカの解説本にでも書かれているのかな?
この記事を書いているのが柿沼氏なので、海外のTB本に書かれていた可能性はありますね。
そもそも「トンネル探索車」と言う名前は日本のおもちゃメーカーか何かが付けた名前でしょうし
(何しろ、劇中ではこの装備に対して一切名前を呼んでいないですからね)劇中の映像だけを見たら、
そりゃ確かに「トンネル探索車」と名付けますわな。
国際救助隊の装備の中でも一二を争う地味なメカですが、本来の活躍を見てみたかったですね。

2号の機体解説ですが、機体解説自体は過去の巻でも何回か書かれてきましたが、今回は機体各所に設置された装備の説明となっています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toysdollslife.blog.fc2.com/tb.php/531-d735d8e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

スー

Author:スー
トイやらドールやら手広くやっています。
トイは、ロボット等メカ系が中心です。
ドールは1/6、1/3、1/1と幅広く手を出していますが、今はもっぱら1/1(等身大)で遊んでいます。
等身大ドールだけを専門に扱う「ラブドールとラブラブする生活」というブログもやっていますので、そちらも併せて宜しくお願いします。(こちらはアダルトカテゴリなってますので、閲覧は注意願います)

最新記事

最新トラックバック

遊びに来て下さった方

今遊びに来ている方

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1810位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
418位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1810位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
418位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR