宇宙戦艦ヤマト2202 第三章 見て来ました

10月14日の土曜日に「宇宙戦艦ヤマト2202 第三章 純愛編」を見て来ました。

第三章から4ヶ月、待ちました。

入場者プレゼントは二週目の方が良かったので、21日に見に行こうかとも思ったのですが、劇場版ブルーレイが欲しかったので、売り切れない内に行かないといけないと言う思うの方が強く、迷った末、やはり初日である14日に行く事にしました。

さて、感想ですが・・・

正直、思っていたものとは違う。と言うのが率直な感想。

愛の宣伝会議(事前に公開されていたPR用のネット番組)で、シリーズ構成の福井さんが「三章からは”さらば”とも”2”とも違う、2202の本筋が見えてくる」と言ってましたが、まさにその通り。

今までが、(オリジナル要素がありながらも)基本的に”さらば”と”2”ベースに進んでいたので、このままこの方向で行くものと思っていましたし、正直、私もそれを期待していた部分がありました。

今後の話しの流れを伺う、新たな情報が分かったのも、この章の特徴でしょうか。

ネタバレになりますが、キーマンがデスラーと関わりのある人間である事や、ヤマトの中にガトランティスの内通者が居る事等、どれも非常に重要な要素です。
(まあ、第一章の頃から散々噂されていましたから、驚きと言うより「やっぱり」と言う感想の方が強いかも知れませんが、劇中でハッキリと語られたのは、やはり衝撃。

そして、次章予告で登場したのは、やはり、「デスラー総統」。

何だかんだ言って、第4章もとっても楽しみです。

次章は、また4ヶ月後・・・
ではなく、何と来年1月の上映との事。
いまから待ちきれません。

P1250042.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック

「ヴァリアブルアクション Hi-SPEC コスモゼロ」 リポート

コスモフリートシリーズでお馴染みのメガハウスから、「ヴァリアブルアクション Hi-SPEC」シリーズの新商品として、「 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 零式52型空間艦上戦闘機コスモゼロα1」が発売されました。

宇宙戦艦ヤマト2199以降のヤマト関連のトイは艦船中心で、コスモゼロを初めとして航空機が商品化されるのは、これが初めて。

やはり、ヤマトと言えば艦船メインになるのは分かりますが、こうして、コスモゼロを商品化してくれたのは嬉しいです。

と言う訳で、早速コスモゼロを買ってきましたので、簡単ですがレビューしたいと思います。

P1230880.jpg

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む »

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

輝艦大全「宇宙戦艦ヤマト」レビュー

バンダイから、宇宙戦艦ヤマトを題材にした新ブランド、「輝艦大全」シリーズがスタートし、その第一弾として「宇宙戦艦ヤマト」が発売されました。

これまで、ヤマトの完成品モデルは、「超合金魂」ブランドの一環として「ヤマト」や「アンドロメダ」がリリースされており、2202をモチーフにした新商品が発売されるのを心待ちにしていましたが、まさかの新ブランドが展開されるとは思っていませんでした。

早速、購入してきましたので、簡単ですが、レビューしてみたいと思います。

P9233781.jpg

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む »

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

コスモフリートスペシャル「宇宙戦艦ヤマト アステロイドリング付き」レビュー

メガハウスから、1年半ぶりに宇宙戦艦ヤマトのアイテムが発売されました。

「宇宙戦艦ヤマト2199」放送当時は沢山の宇宙戦艦を発売してくれていたメガハウスですが、「宇宙戦艦ヤマト2202」の上映開始に伴い、再び、ヤマト関連の商品を発売してくれました。

今回発売されたのは、「2202」シリーズの最初と言う事もあり、やはり、主役艦である「宇宙戦艦ヤマト」。

「ヤマト」自体は以前にも発売されていましたので、今回は過去の商品との差別化もあって、何と、アステロイドリング付きでの発売となりました。

P1230755.jpg

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む »

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

宇宙戦艦ヤマト2202 第二章 見て来ました

6月24日から「宇宙戦艦ヤマト2202 第2章 発進編」が2週間限定で上映開始。

私も、早速新宿ピカデリーへ見に行ってきましたので、簡単にレポートや感想などを書いてみたいと思います。

P1230396.jpg

新宿ピカデリーと言えば、ヤマトの上映に合わせて1階ロビーに色んな展示を行ってくれます。

噂の3mアンドロメダは来ないと思っていましたが、それでも、何かしら展示はあるのかと思っていたのですが、残念ながら今回は何も無し。
(1階ロビーは「こどもつかい」の展示がされていました)

私は、19時の回の席を予め買ってあったのですが、グッズを買うのに売店が混むと嫌だったので、夕方5時半過ぎに劇場へ行きました。

予想通り、売店はガラガラでしたが、肝心のグッズは殆ど残ってませんでした。

まあ、一番欲しかったポストカードセットが残っていたので良かったですが。

さて、見た感想ですが、勿論気になる所も無い訳では無いですが、私的には十分面白く、満足出来ました。

基本的な流れは旧作に似せてあるので、旧先のあのシーンやこのシーンが再現されているのが嬉しかったです。

特に、山南艦長を上手く使っているなぁ、と思いました。

新しい要素として登場した「時間断層」も、個人的には肯定的で、どういった伏線として今後のストーリーとして絡んでくるのか、楽しみです。

気になった点と言えば、ガトランティスの描き方が2199の時とは変わり過ぎている事かな。

2199では、「方舟」でもやられ役でしか無かったのに、今作では一気に宇宙最悪とまで言われる始末。

ただ単に、2199で遭遇したのは、思いっきり辺境の弱小部隊だったと言う事か。

まあ、でも、それは些細な事でしかありません。

第三章は10月。

やっぱり4ヶ月間隔は長いなぁ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2202 - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト2202を見て来ました

今日から「宇宙戦艦ヤマト2202 第一章 嚆矢編」が2週間限定で上映開始。

私も、早速新宿ピカデリーへ見に行ってきましたので、簡単にレポートや感想などを書いてみたいと思います。

P1210089.jpg

この記事の続きをご覧になる方は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む »

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典

今日は、いつものドールの話では無く、アニメのイベントの話です。
私は「宇宙戦艦ヤマト」というアニメが大好きなのですが、今日はヤマトのイベントが開かれました。

イベントの内容は、「音楽式典」の名の通り、主題歌を始め劇中の音楽の演奏会です。

ただ、音楽式典のイベント自体には都合で参加出来なかったのですが、イベント会場が私の住んでいる浦安市だった事もあり、グッズの購入だけ行ってきました。

ここが会場となる、舞浜アンフィシアター。
知る人は知る、元シクルク・ド・ソレイユの劇場だった場所です。
式典は、午後からの開催ですが、物販は午前11時から開始だった為、早速11時過ぎに劇場へ行きました。
物販コーナーはかなり混んでいて、劇場の外で20分ぐらい並びました。
12111019.jpg

会場での物販アイテムで、個人的に一番目当てだったのがコレ。
メカニック原画集です。(写真で、左にある横長の本がそれです)
12111001.jpg

これも、今回の物販アイテムの目玉。
宮川さんのアニメイラストが描かれたクリアファイル。
この会場でしか販売されない限定品です。
12111003.jpg

これも注目(?)アイテム。
シュルツの娘グッズ。
でも、意外に売れてなかった様に感じたのは気のせい?
12111004.jpg

ラジオヤマトのCD(写真の中で一番左のケース)
これはそこそこ売れている感じだったかな。
ポスターもおまけについてきますしね。
12111013.jpg

他にも、新見薫マグカップを始め、クリアファイルやステッカーなど色々ありました。
上にも書いた通り、今日はグッズの購入だけで、式典自体は見れなかったのですが、う~ん、やっぱり見れば良かったかな。

と言う訳で、ヤマト音楽団 大式典レポでした。
明日はまたドールの記事かな。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック